婦人

目立つほくろを手軽に除去【コンプレックスを無くそう】

  1. ホーム
  2. コンプレックスをなくす

コンプレックスをなくす

女の人

確実な方法を選ぶ

ほくろが一つあると、顔の印象が変わります。悩みのほくろを除去すると毎日心も軽く過ごせます。除去方法の一つ目は電気分解法です。これは弱い電気で患部を焼却し取り除くやり方です。処置後は数日でかさぶたが取れピンク色の肌になり、徐々に肌色へと変化します。長く通院する必要もなく、肌に傷をつけずに済むため手軽にできます。次にメスを使った治療で、周りを切開して縫い合わせていきます。特に大きいほくろに対して行われますが、患部が広い場合には傷を残さないために2度にわたって丁寧に手術をする場合もあります。ほくろの大きさや形に合わせて進めるので、人によって切開の仕方が変わります。抜糸までの期間は約1週間です。周りの皮膚も深めに切り取るため、再発することがありません。もう一つはレーザー治療です。レーザーには種類がありますが、よく使われるのはスイッチヤグレーザーです。これは一つ一つにレーザーを当てることができるため、確実に患部を狙えるメリットがあり、小さめで平らなほくろに適した治療法と言われています。炭酸ガスレーザーもよく用いられる方法です。麻酔を使って肌を削るので、より深くまでレーザーを当てて除去することができます。特に大きめで盛り上がっている形状に適しています。レーザー治療は数分で終了し、治療後の痛みがほとんどありません。また皮膚が綺麗になるスピードが早いのも特徴です。
気になって仕方がないほくろを除去するために気をつけることがあります。一つ目は費用です。ほくろ除去の行為が保険の対象になるには、日常生活になんらかの支障をきたすといった障害がある場合です。例えば洗顔をする時にほくろが引っかかってしまう、また目の周りにあって視野を遮っているなどといった不便さを解消するために行った時です。もし美容のためにほくろを除去するとなると実費です。どんな目的で治療をするのかを最初に医師と話をしながら診察を受け、実費ならいくらかかるのかをしっかり確認すれば、納得して手術を受けられます。二つ目は手術後のケアです。手術自体は短時間で軽いものなので、たいてい治療の当日から日常生活が送れます。その中で念頭に置いておくことがあります。それは手術後には日焼けをしないようにカバーすることです。ほくろを除去した後の肌は外からの刺激に弱く、とても敏感になっています。また紫外線を吸収しやすい状態です。そのため日焼け対策を抜かりなく行うことで、肌のきれいな状態が保たれます。また手術をした後、患部にテーピングをすることがあります。これは傷を保護すると同時に、除去後の皮膚が盛り上がってこないようにするための大切な処置です。医師から指示があった期間にしっかりとテーピングしておけば、皮膚の盛り上がりを防ぐことができます。