婦人

目立つほくろを手軽に除去【コンプレックスを無くそう】

  1. ホーム
  2. ほくろのお悩みを解決

ほくろのお悩みを解決

レディ

目立つほくろを取りたい

鏡を眺めて、最近ほくろが目立ってきたをお悩みの方も多いでしょう。ほくろは従来のものと思われがちですが、後天的にできるものも多いのです。ほくろができる原因としては、紫外線や皮膚への刺激、出産やストレスなどによるメラニンの異常などが挙げられます。ほくろはほとんどが健康上問題はないとしても、美容的には気になるものです。できてしまったほくろについては、ほくろ除去の施術で取ることが可能です。どうも気になってしょうがないという方は、一度ほくろ除去を行うことを検討してみてはいかがでしょうか。ほくろ除去には、ほくろ除去クリームや除去用もぐさを使って自宅で行うことも可能ですが、失敗した場合のフォローがありませんので、やはり病院やクリニックに通うことがお勧めです。病院やクリニックで行うほくろ除去の施術には、メスを使用する切除やレーザーを使用する方法や、CO2レーザーで蒸散させる方法などがあります。メスを使用した方法で代表的なものは、くりぬき方法と切除縫合法です。くりぬき法は、ほくろを円にくりぬいて、周囲を縫う方法。切除縫合法はほくろを長い葉型に切除し、線状に縫い合わせる方法です。ほくろの大きさや状態によって、対応を行います。レーザーによる施術は、黒い色に反応する特徴を活かして、ほくろを破壊する方法です。CO2レーザーは皮膚の中に存在する水分に反応する特徴を使って、ほくろの組織ごと蒸発させます。
ほくろ除去の施術ですが、まずはカウンセリングを行うところがほとんどです。ほくろの状態によって適切な治療は異なるますし、生活の状態によってお勧めする施術は変わってきます。例えば、レーザーの施術は、痛みが少なく、傷跡が残りにくいというメリットがありますが、治療に時間がかかったり、ほくろの状態によっては、完全な除去が困難だったりするので、個別にカウンセリングが必要となるのです。実際の治療は、最近では、手術でも5分〜10分程度と短い時間で完了します。除去する部分によっては、メイクをしたままでも治療を受けることが可能です。当日は、飲酒や入浴、激しい運動などは避けてもらいます。その後、除去した跡について、1〜2週間ほどテープで保護する必要があります。紫外線にあたると、色素沈着を起こす可能性がありますので、特に注意が必要です。ほくろ除去の気になるお値段ですが、ほくろの大きさや施術の方法によって、異なりますので、実際に病院やクリニックで確認していただくことになります。カウンセリングは無料で行っているところも多いですので、その際に値段も確認しておくとよいでしょう。また、保険の適用されるケースもありますので、こちらも確認しておくことをおすすめします。